HOME > 会社設立とは

会社設立とは

会社設立とは

会社設立とはのイメージ

民間で設立することができる会社には4種類あり、「株式会社」・「有限会社」・「合資会社」・「合名会社」があります。
各々にはそれぞれ特徴があり、設立方法や出資者の権利義務等の範囲が異なります。
現在の会社組織の形態としては、株式会社と有限会社が圧倒的に多いのが現状です。
今現存の会社全体の約98%が、株式会社もしくは有限会社という形態をとっています。

株式会社

一般から出資者を募って、会社の大小はありますが会社に対して出資する人(株主)と出資された財産を運用する人(経営者)を分ける会社形態です。
ただし、会社規模が小規模な場合には、株主及び経営者が同じとなる場合が圧倒的に多いのが現状です。
これらの会社はいわゆる『オーナー会社』と呼ばれ、経営者の方は『オーナー経営者』という風に呼ばれています。

合名会社

合名会社とは、個人事業者の単体もしくは集合体を組織化し、会社組織として拡大したものです。
出資者は、単独経営である場合にはもちろん、共同経営となる場合に関しても個人事業である際と同様に、会社との利害関係(ステークホルダー)にある者に対してその全ての責務を負うこととなります(無限責任)。その一方で、出資者それぞれの人が代表者としての権利を持っているということになります。

合資会社

合名会社を少し大きくさせた会社形態。
代表者としての権利を持ち無限責任を負う出資者が経営する事業体に、新たに資本参加だけ行う出資者が加わることで事業規模を拡大させることを狙った形態です。
合名会社から株式会社、有限会社といった会社形態へと移行する過程での中間的なポジションとして位置するのが合資会社です。

東京都足立区関原2丁目2番6号
クリアメゾン関原1-B
アクセス 西新井
FAX 03-5681-0912
営業時間 10:00~19:00
休日 日曜日・祝祭日

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2011/01/28

ホームページを開設しました

  • RSS配信
  • RSSヘルプ